テーマ:菊花壇展

菊花壇展  於・新宿御苑

御苑の菊花壇展の由来については、当ブログで、3年前2017年11月にご説明しましたが、重複になりますが再度概要を申し上げます 我国に園芸品種の菊が渡来したのは、奈良時代末から平安時代はじめと言われています。その後、室町・江戸時代と発達をとげ、明治元年(1868)に菊が皇室の紋章に定められました。 (この花は私の好きな丁子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菊花壇展 2017

(これは「大作り」といって、この菊花壇展のシンボル的存在で、1本の菊に、花を500から700個も咲かせています) (これも、名作で「管物(くだもの)」作りと言います 新宿御苑の菊花壇展の歴史は、菊が皇室の紋章と定められた、明治元年(1868)にさかのぼります。このときから日本国民にとっては、皇室と菊花が直接的な関係を持つよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more