観蔵院のウメの花

この観蔵院のあるところは、自宅付近を走る環状8号線を蒲田方面を目指し、雪谷より5.6分の西嶺町にある、小さな寺院です。 この付近に、「鵜木梅林」と呼ばれる地域があり、一般住宅で庭木に梅の木をたくさん植えてあるが、剪定などしていない感じで、皆大木の様で、その高さは、そこの家の屋根以上で一種独特な感じです。こちとら、梅の実はどうやって取る…
コメント:0

続きを読むread more

「自由が丘」の動画載せました

前回のブログでは、自宅から奥小・奥沢駅・神社までの動画で一時ストップしましたが、今回つづきの自由が丘編をアップしました。と、言いましても私としては、何時も見ているので、どこを回って何を撮ればいいのか、和洋のお菓子屋と駅だけになってしまいました。次回は、よく考え好まれる動画を撮りたい思います。 やむを得ず載せましたので、宜しけれ…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ少し減りましたね?ちょっと散歩しました

歳からも持病からも自信がないので、生活の必需案件以外、外出は控えている私でしたが、ここ数日、毎日気にしている、新コロの感染数字が、都内で1000件を切っている日が続いているので(また何時か増えるかもしれないが)カメラ持参の散歩をしてみました。 自宅から奥沢小学校、奥沢駅と、自由が丘に向かって出かけてみましたが、奥沢神社で知り合いと、食…
コメント:0

続きを読むread more

友の住む、南仏、「ポール・ヴァンドル」はこんな所でしょうか?

2012年6月に中学の同学年5名でキャンピングカーによる「ヨーロッパ7か国の旅」のリーダー、わが友・GUY SATOが、当時の住まい、パリの郊外「サンジェルマン・アンレー」から、南仏のニースより南で、スペイン国境に近い「ポール・ヴァンドル」に転居して、早5年超になった。 彼の話から、水のきれいな港町だそうで、もちろん私は見たこともない…
コメント:0

続きを読むread more

等々力不動尊の紅葉 令和2年年11月末日

私なんかが、春にはサクラ・夏には「渓谷」で涼み・秋には紅葉を楽しむ等々力不動尊は、環八と目黒通りが交差している所の至近の位置にありますが、真言宗中興の祖である興教大師様(弘法大師の子弟)が夢のお告げにより開かれた霊場です。 ある時、興教大師様が身心する役之行者、作の御不動様が夢に現れ、関東に結縁の地があると告げられたので、その御不…
コメント:0

続きを読むread more

九品仏・浄真寺の紅葉 令和2年

紅葉の時期になると、以前は車で遠方にも出かけていたが、この2.3年は車も返上したし、体力も十分でなくなったことからも、紅葉を見にどこに行くかと自分に聞いたら、「近所でごまかして来たら?」の回答が来たので、自転車で10分の九品仏駅より即参道の「浄真寺」が頭に浮かんだ。 ここは、住まいから最も近い、春のサクラ、紅葉を見に行くなら、一流…
コメント:0

続きを読むread more

菊花壇展  於・新宿御苑

御苑の菊花壇展の由来については、当ブログで、3年前2017年11月にご説明しましたが、重複になりますが再度概要を申し上げます 我国に園芸品種の菊が渡来したのは、奈良時代末から平安時代はじめと言われています。その後、室町・江戸時代と発達をとげ、明治元年(1868)に菊が皇室の紋章に定められました。 (この花は私の好きな丁子…
コメント:0

続きを読むread more

2年ぶりに新宿御苑の"秋バラ"を見に行ってきた

今までは、ほぼ毎年・春秋に御苑のバラを見に行ってたが、ここ数年は体調を崩したり、その他色々あって(もちろん新コロもですが)、出かけることを控えていたら、その副産物は出かける気はあっても「長距離歩くという」体力にも影響が出て困ったもんですよ。 そこで、これではいかんと、足にムチを打って行ってきた次第です。 今年の秋バラは、…
コメント:0

続きを読むread more

秋の七草

私が、ブログに「秋の七草」を取り上げたキッカケ?理由は、前に「キキョウ」を載せた時、今流行のデジタル云々ではありませんが、小中学校時代は同学年、今は後期高齢者になり、住まいも日本列島の各地、他外国にも散らばった者同士が、PC等ネットオモチャを使ってママゴト遊びの会のリーダー的おねーさんより「キキョウを取り上げたのなら、秋の七草全てを載せ…
コメント:0

続きを読むread more

コスモスの見頃です、撮りに行きませんか

秋を最初に感じる身近な花、コスモスは秋桜(アキザクラ)とも言い、キク科コスモス属の花です。コスモス属は世界中で29種ほどあり、メキシコを中心に熱帯アメリカ地域(中米、南米北部)に分布している一年草、多年草です。 日本で園芸用として栽培されているのは、主に、一年草のコスモス(Csmos bipinnatus Cav.)とキバナコスモ…
コメント:0

続きを読むread more

久々の4k動画撮影「東玉川神社・洗足池に行ってきました」

今年は、all 新コロの他、7月は all 雨の土砂降り、8月止んだと思ったら、キチガイ酷暑・・・9月に入って、ちょっと涼しくなったかと思ったら、この極寒の感じ。どうしてくれるのかね~???・・・新コロ・オッセ、オッセのとき思ったが、この、得体の知れないワクチンも作れないウィルスによって、地球上の生物は絶えてしまうのか?と本当に考え…
コメント:0

続きを読むread more

秋の七草・キキョウ

暦のうえでは、もう秋。でも毎日は酷暑の連続本当に何とかなりませんかね~。9月に入っても30度を連日超えているので、散歩なんか悠長にやっていたら、即熱中症になりかねませんね?趣味の動画撮影は約半年休んでいます。 やむを得ず、静止画動画作りで遊んでいます。今回、前作「ハス」が少し受けたので、今回「秋の七草のキキョウ」を作ってみました。…
コメント:0

続きを読むread more

ハスは暑さに強いですね

7月一か月は雨ばかり、そのあと、8月の一か月は酷暑ばかり、世界は新コロが我が物顔、(幸いなことに日本は、指導者の政策が功をなし、幾らか下火に?)アメリカ・ブラジル等はどうなっているのでしょうか? そんなことで、家にこもって新コロのテレビばかり見ていると、本当に頭が変になっては困るので、4K動画は負担がかかるので、4kPhotoのス…
コメント:0

続きを読むread more

生け花をしてみませんか?

この画像は、動きのあるものを連続で数枚撮り、それをその順に送って再生すると、動画みたいに見える画像で、GIFというものです。作り方も簡単で、具体的には、IEまたはEdgで検索すればやり方の案内が出ていますのでやってください。 さて、「生け花」の件ですが、テーマに挙げてみて、自分は何を訴えたいのか、わからなくなってきました。考えてみ…
コメント:0

続きを読むread more

グリーンランド

グリーンランドは北極海と大西洋の間に位置する世界最大の島です。大きさは日本の面積の5.73倍あります。 以前はデンマークの植民地でしたが、現在はデンマーク本土、フェロー諸島と対等の立場で、デンマーク王国を構成しており、独自の自治政府が置かれています。 島の大部分は北極圏に属し全島の80%以上は氷床と万年雪に覆われており、巨大なフ…
コメント:0

続きを読むread more

今年の花火は随所で中止・・・昨年以前の花火は?

コロナには困りましたね~・・・今年の花火はこれですか?・・・まさかでしょうが、分かりませんね? 気を取り直して昨年以前のYoutubeでもみましょうか・・・これが予想よりはずっと素晴らしい。私なんかとてもとても撮れません・お手上げで~す、では・・・ なお、お分かりかとおもいますが、念のため、youtubeを見るときは、画…
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩と奥多摩湖

奥多摩とは、単に東京都・神奈川県の境界を流れている一級河川の最上流の地域というだけでなく、登山・ハイキングにおいて東京都西部 の山岳地帯を指す言葉である。東京都西多摩郡奥多摩町を中心とするが、周辺の山域をも含みます。 東京都・埼玉県・山梨県・長野県にまたがる秩父多摩甲斐国立公園のうち、東部を形成する地域でもあります。同公園の…
コメント:0

続きを読むread more

カプリ島

カプリ島は、イタリア南部のティレニア海にある島で、ナポリ市街からナポリ湾を挟んで南、約30キロに位置しています。 島の面積は10.36kmで、日本の千代田区とほぼ同等ですが、風光明媚な土地として知られイタリアの人気のある観光地のひとつです。 島には、海食により出来た「青の洞窟」があることでも有名です。また、イタリアの歴史にも登場…
コメント:0

続きを読むread more

上高地

上の画像は、以前当地を訪れ、大正池をスタート→河童橋→梓川に沿って→明神岳方面へのハイキングで寄った「明神池」です。 上高地とは・・・説明しようと思ったが知られ過ぎているので止めますが、一口で言えば、長野県西部の飛騨山脈南部の梓川上流の景勝地、中部山岳国立公園の一部ともなっている国の文化財に指定されています。 それで…
コメント:0

続きを読むread more

ブリティッシュ・コロンビア

ブリティッシュ・コロンビアとは、カナダの西海岸の州です。州名は1858年にイギリスのヴィクトリア女王により命名されました。当時は英国領だったからでしょう。 この州は極めて大自然の恩恵を受けている恵まれており国中、いや世界中からも人気の高い地域だそうです。西側はバンクーバー島を配し中央から東側には、あの雄大で美しいカナディアンロッキ…
コメント:0

続きを読むread more

シンガポールの夜景は?

上の画像の真ん中にいるのは「マーライオン」と言って、この海辺のビル街のシンボルです。 この国の正式国名は「シンガポール共和国」で、東南アジアに位置し、国土はシンガポール島を中心に60以上の小規模な島々からなっています。なお国土の広さは、東京23区ぐらいですが、盛んな埋め立てにより毎年広くなっているようです。なおこの国の歴史は、この後の…
コメント:0

続きを読むread more

「トリリアム湖とフッド山」・米オレゴン州

この山、山中湖から見た富士山?だね?と思うほど似ていませんか? いやいや、ここはアメリカ・オレゴン州で、一帯は「マウントフッド国立森林」として、夏も冬も含め4.5百万人もの人が訪れる自然公園になっているそうです。この湖・トリリアム湖は、富士でなく"フッド山"(標高3429m)の北12キロに位置する人造湖です。 またフッド山は「オ…
コメント:0

続きを読むread more

バリ島

バリ島は東南アジアのインドネシア共和国バリ州に属する島です。首都ジャカルタがあるジャワ島のすぐ東側に位置し、周辺の諸島と共に第一級地方自治体であるバリ州を構成している。州内人口は500万未満とのことです。 インドネシアの歴史は、18世紀以前には、土着の王国が幾つか存在していたが、ヨーロッパの国々が、東南アジアの国を植民地化始めるに…
コメント:0

続きを読むread more

香港(ホンコン)

"香港"は、正式な名称は「中華人民共和国香港特別行政区」と、難しい国名で通称の"香港"の方が親しみがあると思います。 歴史的には、1839年~1842年のアヘン戦争後、イギリスに植民地化され、第2次世界大戦から日本軍が1945年8月まで占領していた後、また、イギリスが1997まで主権を握っていました。 その後、中国に返されたはず…
コメント:0

続きを読むread more

アイスランドは?

アイスランドは、北ヨーロッパの大西洋上に位置する島国で、共和制をとる国、アイスランド共和国です。 首都は「レイキャヴィーク」です。総人口は35万5千人で、我国と比べるとかなり小さいのですが、国家の整備・観光整備等整っており、一度は訪れたい国のひとつでしょう。 それでは、ビデオ形式に纏めましたので御覧頂けれは幸いです・・・ …
コメント:0

続きを読むread more

⦅コロンビア川渓谷の森⦆アメリカ、オレゴン州

「コロンビア川渓谷の森」の説明に、PCのwiki等で調べたのだが、米国の「ジャレド・ダイヤモンド博士」という学者の書いた「文明崩壊」というベストセラーの書き出しは、アメリカ北部中央のモンタナ州がいかに素敵な所かを余すことなく描き出していた。そして特に彼が感銘を受けたミズ―ラの低地の素晴らしさ、そこから見える景色は彼のその後の人生に影…
コメント:0

続きを読むread more

スペリオル湖・・・?北米大陸・アメリカ・カナダに接している湖です

スペリオル湖は、五大湖の内、最大の面積を持っています。また、淡水湖としては、世界最大の面積を持つ湖です。 しかし、貯水量としてはバイカル湖、タンガニーカ湖に次いで世界3位ではあります。特に世界一のバイカル湖にはるかに及ばず、五大湖全ての貯水量を合計しても、なお足りないそうです。 その原因は、上位2つ湖の組成が構造湖といって先…
コメント:0

続きを読むread more

ニュージーランド・南島

ニュージーランドは、オーストラリアの南部から海を東に少し行った所にあり、この国は少し大きな「南島」とその北の「北島」と、小島で成り立っています。 特に、ここでテーマにした南島は、その西側に3700m以上の山々を配した山脈もあり、陸地の湖・川、それと海の綺麗さは格別で、日本からの観光客は遠いいことから高順位ではないが、ヨーロッパから…
コメント:0

続きを読むread more

水の都、それはベニス

また、ここ、ベニス(イタリア語では、ヴェネツィアという)も、OPQRでは、トリノ・ミラノには行ったが、寄らなかった。 ここは、アドリア海の北の奥にある港町と言うのか、浅瀬の海に町があるのか分からないが、通常、市街は、我々が歩いたり車を走らせる道が川になっていて、そこを、ゴンドラというボートが行き来し、主たる交通手段になっている、一…
コメント:0

続きを読むread more

タルン峡谷(Gorges du Tarn)・フランス

今度はフランスに飛びました?、2012年に奥中の同期生と行った「OPQRキャンピングカーの旅」では、ここには寄っていないヨーロッパの大自然名勝地タルン峡谷 です。 通常は、「フランスに行くなら、まず、パリへ、エッフェル・ルーブルへ・・・」となるのがポピュラーのようですが、通人に言わせると「もう行った? タルンへ? 大自然に圧倒…
コメント:0

続きを読むread more