岐阜県ひとり旅・最終編(友人宅へ)

郡上八幡で半日遊んだ後、岐阜県山県市の学生時代の親友宅に向かった
画像
これは友人宅の番犬です

郡上より東海北陸道に乗り、友人宅には午後3時頃到着した。
当日は、出かけず、友人・K氏の庭園で奥様を交え、A5ランクの飛騨牛とマツタケ(冷凍)を鱈腹ゴチになり、夜遅くまで四方山話を楽しみ就寝しました。

翌日(28日)は、午前中、K氏の車で岐阜市民公園に行きました
画像
ここがその公園で、岐阜市畜産センターが併設され、遊具施設のほか、畜産施設、球技場、ハイキングコースなど充実した施設の他、各種教室や体験学習なども実施されており、家族で1日楽しめます。
全体の広さはよく分かりませんが、感じとしては新宿御苑の5.6倍はあるだろうか?見た通り広大で、東京ではとても望めないでしょう。

主たる目的は畜産センターの管理している「バラ園」です。これが大したもので、都心で著名なバラ園を見ている私としては、田舎のバラ園だろうと、タカを括っていたら大間違い。種類は多いし、手入れもよく、感動を覚えました。
画像

この日、午後は小休止して、夕方早く、バスで鵜飼の行われる長良川河畔に行き、温泉宿が提供している足湯に入ったり、岐阜城のある金華山近くの旧城下町・川原町を散策しながら鵜飼観光船の出発を待った。
乗船切符を申し込む際に食事(当然、天然鮎付き)を頼んだそうだ、なお飲み物は持ち込みだった。私としては、以前より一度は見たかったもので、その1300年の歴史のある鵜飼には感動する一方、何とか動画に留めたいという一念から、友人との話・豪華鮎弁当を食べることも忘れ、ただカメラを船の縁に固定し頑張ったが、あの程度の出来でした。

★なお、鵜飼のスライドショーは、この旅の最初に掲載してあります。

その晩は、早めに床に入り、翌日に備えました。朝食を頂き9時頃、友人宅に別れを告げ、東名高速に乗りましたが、豊川あたりから新東名に入ったのはいいのですが、ナビを見ると山とか小さな道を走ってみえる、PA、SAは道路標識なら見えるが、ナビ上は分からない。そこで気が付いたのたが、私はこの車買って7年、その間ナビのハードディスクを替えていない、車より新東名の方が若いので、これでは認識出来る訳がない。
早速交換したいと思った。ということで、夕方自宅に到着できました。帰りは8時間かかりました。
実に、総走行距離875キロは自己最長記録になりました。

それでは、長々と能書きをたれましたので、このくらいにして、前日撮った、バラ園のスライドショーを披露します







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2014年06月16日 16:09
設定をHDにして郡上八幡岐阜を堪能しました。
つま弾くギターの音楽の導入部は心に響きました。
ありがとうございました。
2014年06月17日 09:57
あなぐまさん、いらっしゃいませ、ご覧頂きありがとうございます。
なお、冒頭のBGMの演奏は、ギターではなく、ヴァイオりンの弦を指ではじく、ピチカート奏法なのです、ギターに似てはいますが。
畜産センター公園職員
2014年07月04日 12:08
バラ園をお褒めいただきありがとうございます。まだまだ初心者の私はとにかく必死になって管理しておりますが失敗ばかりです。しかしお客様のようなお言葉を励みに頑張ろうと思っています。素敵なスライドショーもありがとうございました。
2014年07月04日 13:41
岐阜市畜産センター公園・バラ園担当職員さま、まずはご覧頂き本当に有難うございました。私は、バラが花の中で最も好きであり、都心近辺のバラ園には、春秋訪れている程です。また、当ブログの中で、「たかが田舎のバラ園か?」などと書き失礼しました。でも、皆様のご努力が十分伺える素晴らしいバラでした。
一言、ご注意させて頂くなら、葉もバラの一部であることを認識してください。確かに葉の防虫は難しいとは思いますが・・・